株式会社 ブレーンセンター

沿革

1975年 創業。出版社としてスタート。
1977年 月刊「マイ奈良」創刊。
1979年 法人設立。出版社として二大取次(東販、日販)と取引を開始。
1981年 「なにわ塾叢書」刊行開始。関西の文化再生と啓蒙をめざす大阪府との共同事業で2002年までに全83 巻を刊行。(「新なにわ塾叢書」(全7巻も刊行 2015))
1982年 日本映画講座開始。大島渚氏を顧問として名作の上映と第一線の監督によるセミナーを1994年まで毎年京都で開催。
1986年 IR事業を開始。
1987年 国際花と緑の博覧会「花博写真美術館」の企画・運営に参加。(1990 年4 月開館)
1988年 東京支社を開設。(現東京本部)
1992年 「ブレーンセンターギャラリー」オープン。
1992年 本社ビル「ブレーンセンター風の万華鏡」竣工。設計・新宮 晋。
1993年 地球環境サミットの「アジェンダ21」採択を踏まえ、環境PRに関する研究に着手。
1995年 マルチメディア事業部、発足。
1996年 「インターメディウムインスティテュート(lMl)」に参加。現在の大阪国際メディア図書館。
1997年 稲田紀男(代表)、市民出資による新・映画館「シネ・ヌーヴオ」の経営に参加。
2000年 環境PRに関するコンサルタント業務を事業化。
2002年 朝日新聞社編「17歳のころ」発行
2002年 国際企業コミュニケーション部を設立。海外PRプロジェクトの増加に対応して、英語・中国語などの翻訳体制を強化。
2003年 CSRコミュニケーションに関するコンサルティングを事業化。
2004年 「New CC研究会」発足。CSRを軸としたコミュニケーションの再構築および企業ブランディングの研究に着手。
2007年 「マルチステークホルダー・リレーション」に関する提言を発表。
2009年 「後藤正治 ノンフィクション集」(全10巻)の刊行開始。
2009年 「もうひとつの阪神タイガース」発行。阪神球団承認の唯一の甲子園写真集。
2011年 日本企業の活力を海外に発信するポータルサイト“RISING SUN.JP"開設。
2011年  国際統合報告評議会(IIRC)の「ディスカッション・ペーパー」の発行を受けて、統合報告研究室を設置。
2012年 統合報告支援事業を本格的に開始
2013年 国際NGOの Global Reporting Initiative(GRI)が発行したガイドライン第4版(G4)を受けて、「G4対応研究チーム」を発足。
2013年 新宮 晋 著「ぼくの頭の中」を刊行。
2014年 企業法務知財協会と「企業価値増大プロジェクト」におけるパートナーシップを締結。
2014年 グローバル・ニッチ・トップ企業に関する研究セミナーを開催
2015年 「スチュワードシップ・コード」「コーポレートガバナンス・コード」を踏まえた情報開示に関する各種調査・セミナーなどを実施

株式会社 ブレーンセンター

お問い合わせ