株式会社 ブレーンセンター

沿革

Since 1975

時代とともに変化する、
産業・社会と向かい合い、
独自の広報支援事業と出版事業を
展開してきたわたしたちのこれまで。

1975
創業

出版社として
スタート

出版事業のあゆみ

企業
コミュニケーション
支援事業のあゆみ

1977

月刊「マイ奈良」創刊

1978

企業PR事業、セールスプロモーション事業を開始
CI(Corporate Identity)の研究に着手

1979

法人設立。出版社として二大取次(東販、日販)と取引を開始

1979

新卒採用PR事業を開始

1981

「なにわ塾叢書」刊行開始
関西の文化再生と啓蒙をめざす大阪府との共同事業で
2002年までに全83巻を刊行
(「新なにわ塾叢書」(全7巻も刊行 2015))

1981

映像事業を開始

1982

日本映画講座開始
大島渚氏を顧問として名作の上映と第一線の監督によるセミナーを
1994年まで毎年京都で開催

1982

CI事業を本格的に開始

1986

IR(Investor Relation)事業を開始
英文などの翻訳サービスを本格化

1987

国際花と緑の博覧会「花博写真美術館」の企画・運営に参加
(1990年4月開館)

1988
東京支社を開設
(現東京本部)

1992
本社ビル
「風の万華鏡」の竣工
東京本部・大阪本部の
2本部制

本社ビル「風の万華鏡」

本社ビル「風の万華鏡」

1993

環境PR事業に関する研究に着手

1994

マルチメディア研究室を設置

1995

マルチメディア事業部(現・映像・マルチメディア事業部)を発足

1996

「インターメディウムインスティテュート(lMl)」に参加
現在の大阪国際メディア図書館

1996

IRに関するコンサルタント業務を本格的に事業化

1997

稲田紀男(代表)、市民出資による新・映画館「シネ・ヌーヴオ」の経営に参加

1997

環境PR研究室(現・CSR研究室)を設置

2000

環境PRに関するコンサルタント業務を本格的に事業化

2002

朝日新聞社編「17歳のころ」発行

朝日新聞社編「17歳のころ」

2002

国際企業コミュニケーション部を設立
海外PRプロジェクトの増加に対応して、英語・中国語などの翻訳体制を強化

2002

CSR(Corporate Social Responsibility)コミュニケーション事業を開始
CSRコミュニケーションに関するコンサルタント業務を本格的に事業化

2004

「New CC研究会」発足。
CSRを軸としたコミュニケーションの再構築および
企業ブランディングの研究に着手

2007

「マルチステークホルダー・リレーション」に関する提言を発表

2008

国際コーポレートコミュニケーション部を拡充し、
グローバルブランディング事業を本格化

2009

「後藤正治 ノンフィクション集」(全10巻)の刊行開始
「もうひとつの阪神タイガース」発行。阪神球団承認の唯一の甲子園写真集

「後藤正治 ノンフィクション集」

2011

日本企業の活力を海外に発信するポータルサイト“RISING SUN.JP”開設
国際統合報告評議会(IIRC)の「ディスカッション・ペーパー」の発行を受けて、
統合報告研究室を設置

2012

統合報告支援事業を本格的に開始

2013

新宮 晋 著「ぼくの頭の中」を刊行

新宮 晋 著「ぼくの頭の中」

2013

国際NGOの Global Reporting Initiative(GRI)が発行した
ガイドライン第4版 (G4)を受けて、
「G4対応研究チーム」を発足

2014

企業法務知財協会と「企業価値増大プロジェクト」における
パートナーシップを締結
2014年グローバル・ニッチ・トップ企業に関する研究セミナーを開催

2015

「スチュワードシップ・コード」「コーポレートガバナンス・コード」を踏まえた
情報開示に関する各種調査・セミナーなどを実施

Future

企業広報活動のブレーンとして、
独自のプレゼンスを発揮する出版社として
未来へと進化するブレーンセンターに
ご期待ください。

関連情報

お仕事のご依頼から、
採用関連、外部パートナー応募など
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ