株式会社 ブレーンセンター

実績一覧

投資家向け広報(IR支援)

統合報告書の制作支援

住友商事株式会社 様

住友グループの総合商社。全世界に展開するグローバルネットワークとさまざまな産業分野における顧客・パートナーとの信頼関係をベースに、多様な商品・サービスの販売、輸出入および三国間取引、さらには国内外における事業投資など、総合力を活かした多角的な事業活動を展開。

実績写真実績写真

課題

  • 総合商社のビジネスモデルへの理解を促したい。
  • 事業活動を通じた価値創造への理解を促したい。
  • 社会課題解決に貢献するサステナブルなビジネスを展開していることを伝えたい。
  • 2019年12月に創立100周年を迎えるという事実を印象的に打ち出したい。

ソリューション

  • 「価値創造モデル」を軸として、レポート全体でそれを紐解いていく構成に。
  • 産業・社会の変化に応じて変化・進化させてきた総合商社としてのビジネスモデルを事例や本部長対談などを交えて紹介。
  • マテリアリティの特定とこれに基づく取り組みを通じたサステナビリティ経営の実践について、事例などを交えて紹介。
  • 100周年を期に策定した住友商事様のコーポレートメッセージを表紙デザインに導入するほか、周年広告とデザインを連動。

世界各国で多彩な事業を展開されている住友商事様。創立100周年を迎える記念の年となった2019年版の統合報告書では、「価値創造モデル」を軸に、社会と自社のサステナビリティを追求し、価値を創造していく仕組みを解説しました。

Chapter1では「サステナビリティ経営」と題し、外部の有識者とCSOとの対談記事を掲載するとともに、気候変動問題・マテリアリティへの取り組みを紹介。社会と自社の持続可能性を追求している姿を訴求。Chapter2では、事業を創出する仕組みを図示したうえで、将来に向けて注力している事業の例を紹介しました。事業本部長のお二人に、それぞれ担当事業での価値創造について語っていただくコンテンツも掲載しています。このほかChapter3では、経営基盤に位置付けている7つの資本それぞれについて解説。Chapter4はガバナンス情報、Chapter5はセグメント別の事業概況という構成としています。

ここがポイント!

実績写真
総合商社・住友商事グループの価値創造モデルを図解。レポート全体でこの構造を紐解いていく構成に
実績写真
「総合商社に問われる『サステナビリティ経営』とは」と題した外部有識者とCSOの対談記事を掲載
実績写真
産業・社会の変化に応じてビジネスモデルを変化・進化させ続けることで持続的に成長する総合商社の適応力を訴求

お客様の声

顔写真

長期間にわたる制作過程を経て、弊社の一番の理解者になって頂きました

住友商事株式会社
インベスターリレーションズ部 課長代理
川合 綾 様

弊社のIR活動では、様々なステークホルダーとの建設的な対話ツールの一つとして統合報告書を活用しています。創立100周年を迎えた節目の年の発行となる統合報告書2019では、弊社グループがこれまでの100年に創造してきた価値や強みを振り返り、これからの100年においても、事業活動を通じた価値創造が可能であることをメインメッセージとしました。 
昨年に引き続き、本年の統合報告書作成においても、ブレーンセンター様に多大なるご支援を頂きました。様々なステークホルダーのニーズに沿って作成内容をご提案頂くことに限らず、より読み手に伝わりやすい内容に仕上げるため、弊社と何度も繰り返し意見を交わした結果、ブレーンセンター様には弊社の一番の理解者になって頂いたかと思います。 
今後とも、各ステークホルダーとのコミュニケーションツールとして、より内容の濃い統合報告書を制作するべく、引き続きのご提案・ご支援に期待しております。

実績一覧

お仕事のご依頼から、
採用関連、外部パートナー応募など
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ