株式会社 ブレーンセンター

サステナビリティ・CSR広報

マテリアリティ特定

ステークホルダーに“納得感”のある
マテリアリティ(重要課題)の特定をサポート

近年、サステナビリティ経営を推進するために、多様なイシューのなかから、企業価値に影響を及ぼす「重要課題(マテリアリティ)」を特定し、経営計画や事業戦略に組み込む企業が増えています。
ブレーンセンターでは、GRIスタンダードやSASBスタンダード、SDGs(持続可能な開発目標)、ISO26000などの各種フレームワークを参考にしながら、企業の経営戦略や事業特性を踏まえたマテリアリティ(重要課題)の特定をサポートします。マテリアリティ特定にあたっては、関連部門や経営陣へのヒアリング、ステークホルダーへのアンケート調査などを通じて、多様なイシューのなかから重要度を優先順位付けし、ステークホルダーにとって納得度の高いマテリアリティの特定を支援しています。

Our Strengths私たちの特長

  • GRIスタンダードやSASBスタンダード、SDGs(持続可能な開発目標)、ISO26000などの各種フレームワークへの知見を活かしたアドバイスが可能
  • 経営戦略、事業特性などの企業理解力を活かした分析が可能
  • 投資家、ESGコンサルタント、NGOなどのパートナーネットワークを活かして、社外有識者からの専門的な意見を取り入れることも可能
  • 統合報告書やサステナビリティレポートの作成支援とあわせて、ワンストップでサービスを提供

関連情報

お仕事のご依頼から、
採用関連、外部パートナー応募など
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ