株式会社 ブレーンセンター

グローバルサイト(多言語サイト)の制作・構築

目的に応じた最適な多言語サイトを、作り方からご提案します。

自社のホームページを使って、海外の顧客を増やしたい! そんなニーズをお持ちではありませんか?

ブレーンセンターのグローバルサイト制作・構築では、目的に応じた最適な多言語サイト(英語サイトや中国語サイトなど)を、作り方からご提案。ウェブサイト(ホームページ)の英語版や中国語版をつくりたい、ただ翻訳するだけでなく、海外読者に伝わりやすい表現・デザインを検討したいといったお悩みに応えます。多言語サイトの設計からコンテンツ制作(翻訳含)、効果検証まで、トータルなサポートが可能です。

加えて、企業ブランディングのノウハウを活かしたPR・マーケティング、IRなど、さまざまな分野での制作実績を有しています。多彩な用途の多言語サイトをご提案することが可能ですので、ぜひ一度ご相談ください。

お問い合わせ

現行サイトのレビュー(検証)

公開中のグローバルサイト(多言語サイト)を「海外ユーザ視点」で徹底評価。
改善点を明確にします。

ホームページひとつとっても、海外で好まれる表現・デザインは、日本国内とは大きく異なります。そこで、ネイティブ(外国人)を含むスタッフが英語サイトや中国語サイトのレビューを行い、ターゲットとなる外国人マーケッターや投資家の視点からコンテンツを評価します。
対象となる国や地域はもちろん、貴社の事業内容やその強み、グローバルでの知名度なども踏まえて、より訴求効果の高い多言語サイトを提案します。

こんなお悩みはありませんか?

  • 既存のグローバルサイトは日本語のサイトを翻訳したのみ。改善したいがどうすれば?
  • 株主・投資家やマーケッターにとって十分な情報がそろっているか確認したい
  • 多言語サイトの最新のトレンドや注意すべきポイントを知りたい!

グローバルサイト(多言語サイト)の作り方①

「脱・ミラーサイト」へ

日本語サイトをもとに、原稿だけを翻訳して英語サイトや中国語サイトにしたものを「ミラーサイト」と呼びます。日本企業の多くはミラーサイトをグローバルサイトと位置付けていますが、ターゲットである海外読者には、「わかりにくい」と評価されることも少なくありません。

こんなことを思われています。
  • 何をしている会社なのか、
    どこが他社と違うのか、わからない
  • 知りたい情報が見つからない
  • 文章が長くてわかりにくい。
    つまらない。
  • とにかく見づらいし、
    デザインがイケてない。
では、どんなことを意識すればいいのでしょうか。
  • 例1
    日本と海外のブランド力の差

    ほとんどの日本企業は、国内では大手でも海外では「無名」です。事業内容や業界での地位、最新の業績情報を簡単にまとめて提示するだけでも、ぐっと海外読者にわかりやすくなります。

  • 例2
    「見やすいサイト、格好いいサイト」に求めるものの差

    例えば、日本語のウェブサイトは情報量が命。でも、外国人には「冗長」と感じられることが多く、思い切ってコンテンツを絞り込んだほうが伝わりやすいという例もあります。また、デザインから受ける印象も国によって異なり、ホームページでは特に、その違いが顕著です。

上はほんの一例ですが、こうしたニーズを適宜踏まえて設計することが、魅力的なグローバルサイト(多言語サイト)づくりの第一歩といえます。

多言語サイトの内容企画~構築

多言語チーム(日本人×ネイティブクリエイター)で最適なコンテンツを提案します。

貴社の事業や製品を深く理解した日本人スタッフと、ネイティブ(外国人)のプランナーやコピーライター、デザイナーがプロジェクトを担当。ターゲットに応じて、最適なコンテンツ、デザイン、コピーをコンテンツから提案します。
ローカルサイトの統合運用に向けた指針設計やガイドライン策定、多言語CMSの導入・運用などもご相談ください。

こんなお悩みはありませんか?

  • これまで海外に展開してこなかった製品やサービスを効果的にPRしたい
  • ネイティブにとって見やすい、読みやすい原稿をつくりたい
  • 色づかい、イラストタッチ、写真の選定・・・海外ユーザに「ダサい」と思われたくない!
  • 各国支社のローカルサイトが気づいたらゴチャゴチャ! ホームページから統一感を出したいけどどうしたらいいの?

グローバルサイト(多言語サイト)の作り方②

「翻訳」から「トランスクリエイション」へ

TRANSCREATION(トランスクリエイション)とは、日本語を外国語に翻訳したうえで最適化すること。ターゲットとなる外国人の考え方、感じ方、行動に働きかけるよう、文字原稿であれば語順や使用する単語などを変えて、「全体として意図が伝わる」内容に変えます。
特にキャッチコピーなどで重要となる考え方ですが、例えば図の構造や記号の使い方なども、日本でメジャーなものが英語や中国語のネイティブには伝わりにくいということが珍しくありません。こうした要素も、現地の視点を取り入れてつくりなおす必要があります。

日本人なら誰でもわかる「マルバツ」の記号に首を傾げられてしまうことも。英語サイトのデザインでは、これを「チェック」などに置き換えます。

多言語サイト公開後の効果検証、改善

海外現地の調査会社をはじめ、専門性の高いパートナーとともに継続的な効果検証、改善提案を行います。

アクセス解析に基づくパフォーマンス検証と継続的な改善提案で、サイトパフォーマンスの向上を支援します。これに加えて、東南アジアをはじめ、中国、欧州、南米など、各地域のマーケティングに精通したパートナーとのネットワークを有し、地域に応じたマーケティングソリューションの提案も行います。

こんなお悩みはありませんか?

  • つくった英語サイトや中国語サイトがどのくらい役に立っているか知りたい
  • ユーザの閲覧時間や回遊ルートなどを確かめ、細かな調整に活かしたい
  • 現地のトレンドにあわせてタイムリーに改善していきたい

株式会社 ブレーンセンター

お問い合わせ

ホワイト企業認定ロゴ

当社は一般財団法人日本次世代企業普及機構の
「ホワイト企業認定」を受けております。